昇龍道(ドラゴンルート)のブログ始めました!

昇龍道ドラゴンルート推進協議会 ブログ

こんにちわ!昇龍道ドラゴンルート推進協議会の酒井です。この度、昇龍道のブログを始めました!こちらでは、公式ページと違い、昇龍道の活動ではなく昇龍道ドラゴンルート推進協議会に加盟している施設様などの情報を発信していきます!

 

とりあえず始めのテーマとして昇龍道とはなんぞや?というところから始めたいと思います。

 

昇龍道(ドラゴンルート)とは?

 

「昇龍道」と「ドラゴンルート」は、昇龍道ドラゴンルート推進協議会がもっている商標で、広域観光ルートを示す言葉になります。この観光ルートは中部地方の愛知県・岐阜県・富山県・石川県を南から北へと縦断する新しい旅の観光ルートになります。様々な伝統や歴史文化、四季折々の美しい自然景観や、恵まれた山海の食材、日々の疲れを癒す温泉など魅力的なスポットが数え切れないくらいにあり、テーマ性・ストーリー性を持った観光地域としてJNTO(日本政府観光局)に認定された魅力ある観光ルートになります。

なぜ「昇龍道」なのか?というところですが、能登半島の形を龍の頭に見立てて、この地域が神秘的な昇り龍のように見えることから、このルートを「昇龍道」(ドラゴンルート)と名付けました。

 

 

昇龍道ドラゴンルート推進協議会について

昇龍道を発案した多田屋の多田邦彦理事長が、昇龍道の広報活動を行っていく一般社団法人になります。中国総領事館で構想を伝え、それ以降、広報活動に尽力しています。一般社団法人になって間もないですが、2018年で9年目になります。

 

事業方針

昇龍道ドラゴンルート推進協議会の事業方針は中部国際空港と小松・富山空港を結ぶ愛知・岐阜・富山・石川の4県域連携インバウンド観光ルート「ドラゴンルート(昇龍道)」を、現状の東海道を基調とした”ゴールデンルート”に次ぐ日本の誇る代表的大型ルートとして浸透させるため、幸運をもたらす”昇龍”イメージをコンセプトを基に明確にルート化し、以下の事業を通じてアジア地域のみならず、国内においても浸透させていくことを目標としています。

  1. 中国・台湾・香港の中華圏への知名度向上と実誘客活動
  2. 日本国内での知名度向上とルート圏域への誘客活動
  3. 上記に関わる広報活動
  4. その他、事業目的を達成するための必要な事業

ざっくり上記のような感じです。

かなりいろいろな活動をしていまして、最近ではタイの有名ユーチュウバーを読んで動画を作成してもらったり、台湾TVで昇龍道の番組を放送してもらったりしています。

 

関係団体について

国土交通省 中部運輸局、北陸信越運輸局及び中部広域観光推進協議会も、中部北陸9県の自治体、観光関係団体、観光事業者などと協働して「昇龍道プロジェクト」に取り組んでいます。こちらの国が関係している団体は昇龍道ドラゴンルート推進協議会と異なり、愛知県・岐阜県・富山県・石川県だけでなく各中部地域の公平性を保つため中部全体をPRしています。

 

昇龍道を広めるために活動しておりますので、もし、商標を使用したいという方がおられましたら公式ページをご確認ください!

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました